• このエントリーをはてなブックマークに追加

更年期障害の症状を改善するサプリメント

更年期障害サプリメントランキング

30代後半から徐々に女性ホルモン(エストロゲン)が減少し、40代後半にかけてさらに急降下。そのホルモンバランスの崩れから「更年期障害」と言われる症状が出始めます。
ココロや体に起こる変化は様々で、重い、軽いにも個人差があります。

この時期はストレスを溜めないよう体と心に無理をさせないことが大切。嫌な症状に身を任せきりにしないで、サプリメントの力を借りてみませんか?

マカ
多種多様な栄養を有するスーパーフード。特有成分が女性ホルモンの分泌をサポートします。
高麗人参
高麗人参特有の質の高いサポニンが、巡りを向上させ、イキイキとした活力を与えてくれます。

full-me MACA

初回50%OFF 2,980円
さらに送料無料!

  • 国産マカ
  • 卵殻膜パウダー

マカのパワーを10倍に高めた国産を使用!

日本での栽培は難しいとされてきたマカですが、日本の技術を駆使し改良を重ねた結果、ついに世界に誇れる国産マカの栽培に成功しました。

求めたのは安全性だけではありません。

アミノ酸は一般的なマカの2~4倍、マカ独自の有効成分であるベンジルグルコシノレートは、なんと10倍以上に増やすことに成功。

国産&無農薬の安全性、さらにどこよりも負けない栄養素で、マカサプリとしての品質はトップクラスです。

高麗美人

割引価格2,570円~
特典付きで送料無料!

  • 高麗人参

サポニンが特別多い時期に収穫した高麗人参のみを使用

高麗人参は98種類もの成分を含み、女性の健康から美しさまでを引き出してくれる万能植物。

その品質は様々ですが、高麗美人は、希少価値が高いプンギ産高麗人参の中でも、サポニンが一番多い「六年もの」を使用したとても贅沢なサプリです。

体の巡りに働き、万病の元である冷えを内側からケアします。

キッコーマンからだ想い「基本のサプリ」

初回半額!2,730円
【送料無料】

  • アグリコン型大豆イソフラボン
  • プロアントシアニジン

さらに、ビタミンD3、葉酸そプラス

キッコーマンの技術が光る!更年期の健康・美容をとことん追求した4成分

植物性エストロゲンとして知られる大豆イソフラボンは、より吸収されやすい「アグリコン型」を使用し、スムーズな実感力を実現。
キッコーマンと言えば醤油。その原料である大豆を知り尽くしているからこそ出来る独自素材です。

ポリフェノールはアンチエイジング力が高い成分ですが、その中でも特に強い作用のあるプロアントシアニジン(ぶどう種子由来)を使用しています。
ぶどう種子から効率的に有効成分を抽出する方法は科学技術省を受賞したキッコーマンの独自技術です。

上記2つの独自成分に、更年期に不足しがちな「ビタミンD3」「葉酸」をプラス。
こだわりぬいた4成分が体にしっかり働くよう最適なバランスで配合しています。

美健知箋ポリフェノール

初回は半額2,000円
さらに送料無料!

  • ポリフェノール
  • 高麗人参
  • 生姜

上記成分をサポートする9つの成分をプラス

高機能天然成分を組み合わせる事でサポート力を強化!

女性の不調の原因は「冷え」にあるとして、開発されたサプリメント。
体を温めて巡り力を高める天然成分を中心に、9つのサポート成分構成されています。

多くの原料を組み合わせたサプリは、多岐に渡る栄養成分が得られる反面、それぞれのパワーバランスが難しく、上手く組み合わせないとせっかくの有効成分が活かしきれないことも。
佐藤製薬は90年の歴史がある業界でもトップクラスの製薬会社。大手ならではの研究ノウハウを存分に駆使し、独自の組み合わせ、配合率で成分の力をしっかり引き出す事に成功しています。

製薬会社クオリティーならではの安心感、実感力を得たい方におすすめです。

白井田七

毎月お届けコース9,240円
【送料無料】

  • 田七人参(でんひちにんじん)

満足度94%の実力!和漢素材「田七人参」のスゴイ力

数年前から更年期障害に悩む女性を中心に注目され始めた「田七人参」。

同じような位置づけの高麗人参との違いは有効成分であるサポニンの量。なんと7倍も含まれているというから驚きです。

そんな特別な力を持った田七人参を贅沢に配合したのが白井田七です。
圧力のみで錠剤にしているので余分なものがほとんど入っていない素材そのもののサプリメントなんです。
他と比べて若干高めですが、多くの方から熱い支持が集まるのは、田七人参しかない実感力があるから。

他の更年期障害向けのサプリメントだと効果が物足りない、違う植物成分を試してみたい、と言う方におすすめです。

更年期のちょっとしたプチトラブルを改善!生活習慣から見直そう

閉経前後から注意が必要であるといわれているのが更年期障害の諸症状ですが、そのレベルは実にさまざまです。

日常生活に支障をきたしてしまうほどの重い症状が現れる方、また、なんとなくそれらしい症状が現れても、症状が重くなることなく気がついたら元の健康な状態に戻っていた方など。

また、更年期障害では憂鬱や不安感など、うつ病に似た症状やひどい倦怠感が現れることもあります。

さらに、更年期障害が引き金となって高血圧や糖尿病を発症してしまう方も多く、骨粗鬆症の症状が現れやすくなるのもこの時期です。

では、これらの諸症状を避けて通ることはできないものなのでしょうか?

ご家族の協力

まず、うつ病に似た症状が現れると、普段なんの苦もなくこなしていた家事ですら行うことができなくなってしまうことがあります。

そして、そのような症状が現れているにも関わらず無理に家事をこなそうとすると、心と身体が悲鳴を上げ、本当にうつ病を発症してしまうことにもなり兼ねません。

辛いときには辛い。そうご家族に伝えて協力を得ることがなによりも大切です。

適度に身体を動かす

ウォーキングなどの軽い運動を行ってみましょう。わざわざ運動をするぞ! と気合いを入れなくても、ちょっとしたお散歩のつもりでご自宅の近所をなるべく早足で歩いて見て下さい。

これを習慣にすることにより血行が良くなりますし、なによりも気分をリフレッシュする子ができるというメリットがあります。

食事に注意!

ホルモンバランスが崩れると、急激に食欲が増して肥満に傾くことがあります。

大好きな食品を食べることができるというのは本当に幸せなことですが、高カロリー食品や塩分の強い食品を食べ過ぎてしまうと、肥満ばかりではなく高血圧や糖尿病を発症しやすくなります。

それを防ぐためには、ビタミンを多く含む緑黄色野菜、そして、食物繊維が多くて低カロリーのキノコやコンニャクなどを毎日のメニューに積極的に取り入れることが大切です。

また、骨粗鬆症を発症しやすいこの時期には、カルシウムの摂取も必要不可欠ですよ。

自分が楽しいと思うものを見つける

もともとなにかしらの趣味をお持ちの方であればあえてお話する必要はありませんが、これまでに仕事や家事に打ち込んできて、まったく趣味を持たなかったという方は、この機会にご自身にとって楽しく感じるなにかを見つけ出してみてはいかがでしょうか。わざわざ出かけなくても、観葉植物のお世話をする、本を読むなど、身近にあるものを趣味にしてしまうと案外楽しいものです。

更年期障害がはじまると、なにかとネガティブな思考に傾きやすくなりますが、ご自身が楽しいと感じる何かに打ち込むことによって、気がついたらうまく更年期を通り過ぎていたということも実際にありますよ。

このページのトップへ