• このエントリーをはてなブックマークに追加

むくみ体質チェック

むくみやすい体質かチェックしてみよう

むくみは、塩分の摂り過ぎ、カリウム不足、血液・リンパ液の滞り、女性ホルモンが原因となって発生します。
普段のちょっとしたことが、むくみの蓄積につながっているかもしれません。
以下のチェック項目でセルフ診断しましょう。

体質チェック

朝起きると顔がむくんでいる
前日の食事内容や疲労、寝不足などの原因で朝起きたときに顔がむくむことがあります。大抵2時間くらいで落ち着きますが、なかなか戻らない、マッサージをやっても効果がない、と言う方はむくみ体質と言えます。
夕方足がむくんでいる
仕事終わりに靴がきつくなるのは足がむくんでいるからです。重力の関係で足に水分がたまりやすく、さらに立ちっぱなし、座りっぱなし、冷房の効いたオフィスなどの環境によってもむくみが増長されます。女性のほとんどの方は程度の差はあれど、夕方に足のむくみを感じているようです。
多くの場合一晩で治りますが、お風呂でのマッサージや、寝る時に加圧ソックスを履かないと戻らない人はむくみやすいと言えます。
生理前にむくむ
生理前は女性ホルモンのプロゲステロンが増え始める影響で、普段よりむくみやすくなります。
この症状はPMS(月経前症候群)のひとつですが、むくみやすさには個人差があり、ひどくむくむ人もいれば、全く気にならない人もいます。
この時期は、食べ過ぎてもいないのに見た目にわかるほど太ってしまう、むくみがなかなか戻らない、と言う方は女性ホルモンが影響しているむくみ体質と言えます。
冷え性である
体が冷えていると汗を出して水分を排出する機会が少なく、またと血流が滞るので体内に水分を溜めこんでしまいます。
冷え症のほとんどが同時にむくみの悩みを持っている場合が多いです。

環境チェック

冷房の効いたオフィスや部屋で過ごす時間が多い
冷房に頼らない生活は難しいものですが、特にオフィスだと男性の感覚に合わせて低めに設定していることもしばしば。
ひざ掛けや靴下などで冷えないよう工夫していても、仕事に夢中になっていつの間にか冷えていた、なんてこともあるのではないでしょうか。
フルタイムで立ち仕事、デスクワークをしている
立ち仕事は筋肉疲労、デスクワークは同じ姿勢が続くことにより、血液、リンパ液の流れが滞りやすくなります。
加えて重力による影響や筋肉不足が足のむくみにつながってしまいます。
お風呂はシャワーで済ませる
シャワーだけだと汗による水分排出が少なく、また、体の表面しか温まらないので、血流が促されずむくみが改善しません。
ストレスが多い
ストレス状態が続くと、自律神経が乱れがちになります。自律神経が乱れると血流の偏りで手足が冷えてしまいます。

生活チェック

和食中心、もしくは濃いめの味付けが好き
和食は、塩分の高い調味料を使うことが多いので普通に食べているつもりでも、塩分の摂り過ぎになっている可能性があります。
味噌汁、塩鮭、納豆、味付け海苔と言った一般的な朝ごはんも、塩分の面で言うと過剰気味。さらに味付け海苔に醤油をつけたり、漬物を加える方もいるのではないでしょうか。
3食みそ汁を飲んでいたり、漬物や焼き魚にお醤油をたっぷりかける、煮物は色濃く作らないと食べた気がしない、と言う方は塩分過多傾向です。
和食はカロリー面では優秀ですが、塩分に関しては気をつけないとあっという間に1日の規定量を超えます。
外食、中食が多い
外食や中食(出前、スーパーのお総菜など)は味を濃く作られているものが多いため、塩分過多になりがちです。
お酒を飲む機会が多い
お酒には濃い味付けが合うため、塩分の多いおつまみばかりが並ぶことになります。
特に外で飲む機会が多い方はより塩分過多になる傾向があります。家での晩酌時には気をつけることができても、外での飲み会はその場の雰囲気もあり塩分控えめのものばかり食べてはいられないですよね。
また、アルコールには利尿作用があるので飲んだ水分は尿としてどんどん排出されるのですが、必要以上に水を飲みたくなるので却って水分過多になってしまいます。
甘いものが好き
むくみは塩だけじゃなく砂糖(糖分)も良くありません。
砂糖は末端の血流を妨げ、冷えやむくみを引き起こします。
たばこを吸う
煙草は体温を下げるので血行を悪くし、冷え・むくみの原因になります。

このページのトップへ