• このエントリーをはてなブックマークに追加

塩分の摂り過ぎ、カリウム不足によるむくみの解消法

塩分の摂り過ぎが原因によるむくみの解消法

塩分を取り過ぎると何故むくむのか?

体のナトリウム(塩分)濃度は、カリウムの働きで塩分(ナトリウム)を尿や汗として排出し、調整されます。
しかし、塩分の多い食事で過度なナトリウムが入ると、カリウムによる排出が追い付かず、余分なナトリウムは体外に排出し切れなくなります。
そうすると、その余剰ナトリウムを中和すべく、体が水分を蓄えて濃度を下げようとするのです。
このように塩分の摂り過ぎは体内のカリウム不足を招き、体のむくみを引き起こします。

塩分だけじゃない!カリウム不足に陥る原因

カリウム不足は摂り過ぎたナトリウムによって引き起こされるだけでなく、偏食や、アルコール、ストレスなども原因につながります。
カリウムは、野菜、果物、豆類を中心とした食品に多く含まれているので、外食中心の食生活や、好き嫌いなどでこれらの食品をあまり食べていないと必要なカリウムを取り入れる機会がなく、不足してしまいます。
また、カリウムは水溶性のため、茹でるなどの調理の際に3割ほど失われてしまいますので、缶詰、水煮などの加工品の使用や調理方法によっても十分に摂れていないこともあります。
アルコールもカリウム不足の原因になります。
お酒を飲むと尿がたくさん出るのはアルコールの利尿作用の影響です。
たくさん水分が出るので、むくみ解消に一役買っているように思いがちですが、尿として水分、塩分と共にカリウムも排出され、さらに尿で出した以上に水が飲みたくなってしまうので、結局体はカリウム不足になってしまうのです。

カリウムの摂取目安量は、成人男性:2000mg、成人女性:1600mgです。
規則正しい生活や食生活を送っている人は特に不足することはないのですが、現代人はストレスのない生活、外食、加工食品を避けた食生活は難しく、カリウム不足に陥りやすい環境と言えます。

塩分の摂り過ぎ・カリウム不足によるむくみの解消法と予防策

塩分排出にかかる時間は個人差がありますが、カリウムを補給することで余分な塩分、水分を利尿作用によって出やすくしてくれるのです。
バナナ、スイカ、アボカドなどのカリウムの多い食品を食べたり、もっと手軽に解消したいなら、カリウムサプリを利用するのも良いでしょう。

カリウムの多い食品はこちら

おすすめのカリウム配合サプリメントはこちら

塩分の摂り過ぎはむくみだけではなく、高血圧など生活習慣病の要因にもなりますので、普段から気をつけることが肝心です。
外食や売られているお総菜はどうしても味が濃くなりがちなので、普段からうす味の自炊を心がけること、野菜、果物、豆類を積極的に食べることが望ましいです。
また、カリウムを浪費する過度のアルコール、禁煙、ストレスなどにも気をつけましょう。

このページのトップへ