• このエントリーをはてなブックマークに追加

朝、寝起きでパンパンの顔むくみ、まぶたの腫れの解消法

朝の顔のむくみの原因と解消法

塩分、お酒、疲れ、寝不足によって顔はむくむ

朝起きて顔がパンパンだと憂鬱になりますよね。まぶたが腫れて目が一回り小さくなり、逆に顔周りは一回り大きくなってまるで別人のようです。
寝起きに顔がむくむのは、前日に塩分の強い食事やアルコールを飲んだりしたことによる、塩分、水分過多が原因。
お酒は利尿作用があり、余分な水分をどんどん外に出しているように思いますが、失われた水分を補おうと必要以上に水分を欲してしまい、むくみの原因になってしまうのです。
また、疲れが取れない状態で目覚めたり、睡眠時間が足りない状態だと新陳代謝が悪くなり、排出されるべき水分や不要物質がとどまったままになってしまいます。
うつぶせで寝て長時間顔に負担がかかったままでもむくみにつながります。

むくまないように予防するのが一番!

お酒を飲む日や夜遅くまで起きていて寝不足になりそうな時、事前に顔がむくむのが予防できたらいいですよね。
そこで利用したいのが水分排出に優れた成分を配合しているむくみサプリ。
中でもおすすめは「するるのおめぐ実」です。
利尿作用のあるカリウム、水分代謝に働く明日葉、ポリフェノールを配合しているのでスッキリ実感力が違います。
むくみだけに特化したサプリだから、顔はもちろん、足にも効果的です。
初回は980円と言う安さも魅力ですので、むくみやすさを自覚している人は試してみてはいかがでしょうか。

初めての方は980円から。
さらに送料無料!

まぶたパンパン!朝の顔のむくみ解消法

朝の顔のむくみは重力の関係で、時間が経てば徐々に元に戻りますが、できればメイク前にすっきしさせたいですよね。
また、顔に不要な水分が溜まったまま放置しておくのは美容面でもよくありません。
顔のむくみ解消には温冷タオルパックが効果的です。

  1. タオルを3枚用意し、1枚は氷水で冷やしてからラップをして冷蔵庫に入れておきます。
  2. 残り2枚は水を絞ってからレンジで温めたあと41~42度まで冷まし、1枚ずつラップでくるみます。
  3. 横になった状態で温めたタオル1枚を首の後ろに当て、もう1枚を目元に当て温めます。30秒たったら目元のタオルを冷蔵庫で冷やしたタオルに変えてさらに30秒置きます。

温と冷の温度差が刺激となり血流が促れるのでむくみが解消されます。面倒と言う方は、首の後ろに当てる温かいタオルを省いて目元だけにしたり、お湯と冷水で交互に顔を洗うだけでも軽いむくみには効果があります。

足のように顔のリンパマッサージも効果的なのですが、顔表面に強い力を与えると、しわ、たるみの原因になってしまいます。
顔のマッサージは適切にやれば大変効果的なのですが力加減が難しく、慣れていない方がやるとつい力を加えがちになってしまいますので注意が必要です。

  1. 最初に鎖骨のリンパ節を開きます。鎖骨のくぼみに沿って端からゆっくりプッシュすることで鎖骨のリンパ節が開き老廃物の通り道が作られます。
  2. 両手の指を使い、顔の中心から耳の前のリンパ節に沿ってゆっくり流します。
    【おでこの中心→こめかみ、耳の前】【鼻の横→頬→耳の前】【あごの中心→エラ→耳の前】といった順番で、溜まった水分を耳の前のリンパ節に流すようになでます。
    目元は、軽くプッシュしながらぐるりと目の周りを一周させます。目の周りの皮膚は薄くてデリケートなので力加減に注意してください。
  3. 最後は耳の前のリンパ節から首を通り、鎖骨のリンパ節まで流して終了です。

このページのトップへ