• このエントリーをはてなブックマークに追加

きゅきゅっと小町はむくみ&脂肪対策に適したダイエットサプリ

むくみも体重も気になる人の
総合ダイエットサプリ

きゅきゅっと小町は、むくみ解消成分の他、ダイエットにも有効的に働く成分も独自処方で配合されています。
水分だけじゃなく、体脂肪も落として総合的にダイエットをしたい方におすすめです。

  • L-カルニチンで内側から燃えやすい体
  • 白いんげん豆、ギムネマシルベスタで、糖質、炭水化物が安心!
  • キトサンで、揚げ物、ケーキ、お肉などの油を包んで排出
  • 金時しょうがエキスで、冷えを改善
  • キャンドルブッシュで、便秘解消

L-カルニチン

L-カルニチンは体に溜まった脂肪の燃焼をサポートをする成分です。
ジンギスカンなどに使う羊肉(ラム肉)に多く含まれているため、太らない肉として注目されました。
有酸素運動と組み合わせることでより効力を発揮するので、運動時の体脂肪燃焼に効果的です。

ギムネマ・シルベスタ

ハーブの一種であるギムネマ・シルベスタは、インドのアーユルヴェーダで糖尿病予防として利用されていました。
腸での糖の吸収を抑え、血糖値を下げる効果があるので、糖分の摂りすぎを防ぐことができます。
ギムネマ・シルベスタを食べてから甘いものを食べると、甘みがほとんど感じられなくなります。これはギムネマが舌の表面にある甘みを感じる味覚受容体に作用し、味覚を阻害するからです。
腸での糖の吸収抑制とは別の作用ですが、ギムネマが糖をブロックする効果の高さが分かります。
また、腸で吸収が阻害された糖は食物繊維と似た働きをするので便秘にも良いとされています。

白いんげん豆

白いんげん豆のα-アミラーゼ・インヒビターと言う成分は、ごはん、パン、お菓子などの糖質、炭水化物の吸収を阻害する働きがあります。
太りやすい糖質、炭水化物のカロリーをカットすることで脂肪がつくのを防ぎます。

白いんげん豆の危険性について
過去に白いんげん豆ダイエットを試みた人が、下痢、嘔吐に見舞われたと言うニュースがありました。これは白いんげん豆を十分に加熱していなかったために起きた症状と考えられています。
豆類は生のままですと有毒となりますので、しっかり加熱をする必要があります。
この一件で「白いんげん豆は危険」と言うイメージが少なからず付いてしまいましたが、白いんげん豆は昔から食べられているごく一般的な食品です。白花豆とも言い、乾燥した状態や、甘く味付けされた状態でスーパーに売られているのを見たことがあると思います。通常量を適切に調理すれば特に問題ありません。
心配な方は白いんげん豆を利用したダイエットは、用法・容量を守られるサプリメントがおすすめです。

キトサン

キトサンは、エビ、カニ、キノコの含まれている不溶性食物繊維の「キチン」を加工して作られたもので、キチン・キトサンとも呼ばれています。(チキン(鶏)ではないですよ)
小腸で脂肪と結合するので、食前にキトサンを摂取すれば食事の脂肪分の吸収を抑えることができます。

金時しょうがエキス

金時しょうがは、普通の生姜よりも辛み成分が4倍もあり、その分体を温める効果が高く、冷え性解消、代謝アップが期待できます。
手足の冷えは血流が滞るため、むくみやすい体質の原因にもなります。代謝が悪くなり顔色の悪さや肩こりなども招くので、美容面、健康面からも改善が必要です。

キャンドルブッシュ

キャンドルブッシュには豊富な食物繊維とフラボノイドが含まれており、便秘解消が期待できます。
食物繊維は言わずと知れた便秘解消の代表成分。水分を含んで膨張し便かさを増やす作用があります。さらにフラボノイドは穏やかな便通を導く作用があるので、下剤のように苦しいこともなく自然にスッキリできます。

初回限定 80%オフの980円
さらに送料無料!

このページのトップへ