腸内環境の良し悪しは美肌と直結!

腸がキレイな人は美人が多い?腸内環境と美肌の関係とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、よく目にする「腸美人」という言葉。

便秘が続いて腸内環境が悪化するとさまざまな健康トラブルにつながると言われていますが、腸内環境が整うことで美肌効果やアンチエイジング効果まで期待できるということをご存知ですか?

ここで腸内環境と美肌の関係について詳しく説明しましょう。

腸内細菌が美しさを決める?

人間の腸のなかにはたくさんの細菌が日々、増殖を繰り返しています。

細菌の数は約100兆、その種類は数百種類にものぼります。腸内の細菌はそれだけで1kg以上にもなると言われています。

この細菌群を腸内フローラと呼ぶこともあります。腸内フローラの構成はその人によって異なり、なんと離乳後には細菌の割合がほぼ決まってしまうのだとか。

もちろんその後も生活中間や食習慣、加齢になどによって腸内フローラは変化することもありあmす。

この腸内フローラの理想的な割合は善玉菌:悪玉菌:日和見菌の割合が2:1:7であること。

悪玉菌が増えると腸の中にガスが発生して肌荒れやニキビができやすくなるだけではなく、老化も進みやすくなると言われています。

美肌を目指すならまずは腸をキレイに

私たちの肌は汗や皮脂を分泌する排泄器官でもあります。便秘になることで腸内に発生したガスによって生まれた毒素は血液によって全身に運ばれていきます。

お通じがスムーズであれば、毒素は便として排出されますが、便秘がちな人の場合、もうひとつの排泄器官である肌から排出されてしまうのです。便秘によってニキビや肌荒れができやすくなるのはこのためです。

また血液によって運ばれた毒素は肌の細胞にあるメラニンをつくりだすメラノサイトに影響を与え、シミを作りやすくしてしまうとも言われています。

さらに腸内細菌には健康な肌を維持するために必要なビタミンB群を作りだす働きもあります。。腸内環境が悪化すれば、こうした栄養素も作られにくくなってしまうのです。

その他にも腸内環境が悪化すると基礎代謝が低下して太りやすくなったり、免疫力が低下して疲れやすくなったりすることも。

健康的でスリムな美人を目指すならまずは腸内環境を改善することが大切なのです。

腸内環境を改善するためにできること

腸内の善玉菌を増やすには、

  1. 乳酸菌やオリゴ糖などの善玉菌のエサとなる成分を摂ること
  2. 食物繊維を含む野菜や果物を摂ること
  3. たんぱく質や脂肪を多く含む食材を避けること
  4. ぬか漬けや納豆、ヨーグルトなどの発酵食品を摂ること

などが挙げられます。このような腸が喜ぶ食材を摂りつつ、規則正しい生活を1週間送ってみてださい。

徐々に腸内環境が改善され、肌のコンディションと体調がよくなるのを実感できるはずです。


毎日の飲み物で便秘対策するなら
むくみと便秘におすすめのデトックス茶

このページのトップへ