妊娠中ってどうして太りやすいの?

誰もが陥る妊娠中の体重増加!太り過ぎに歯止めをかける「むくみ」&「便秘」との付き合い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

出産後、なかなか元の体重に戻すことができない方の言い訳のひとつに、「妊娠すれば赤ちゃんの分まで食べる必要があるから、太って当たり前」というものがあります。

専門家の話しによれば、妊娠中に増える体重の上限は約8㎏なのだそうです。

出産直前、お腹の中の赤ちゃんの体重を3㎏として、胎盤と羊水で約1㎏、妊娠によって増える血液などの重さが約4㎏、合計で8㎏です。

ということは、出産後には自然に元の体重に戻るということになりますね。

つまり、妊娠中に必要以上の体重増がなければ、その後の産後太りなどの問題に悩まされる心配はないということです。

ところが、そのような計算通りに行かないのが妊娠中なんですよね・・・。

出産後に女性が抱える悩みの第1位は、産後太りの問題です。

妊娠中に体重が増える原因とは?

その原因は、むくみ、便秘、食べ過ぎです。

妊娠初期にはつわりの症状が起こることも多く、この症状が現れると胃がむかつくような感じになり、食べている場合ではなくなります。

ところが、そのような症状が現れて食事を摂ることができないのにも関わらず、体重が増えることがあります。そのようなときに考えられるのが、むくみと便秘です。

食べ過ぎのお話は後回しにするとして、妊娠によるむくみと便秘はなぜ起こるのか? その原因について考えてみることにしましよう。

むくみが起こる原因

一般的なむくみは、水分や塩分の過剰摂取によるものであるといわれていますが、妊娠中のむくみは、その原因が少々異なります。

妊娠中にむくみが現れる原因とは?

まず、赤ちゃんの成長に伴い大きくなったお腹が下半身の血流を妨げ、循環して心臓へ戻される血液の戻りが鈍くなるということが挙げられます。

さらに、妊娠中には血液中の血漿の量が増加するため、体内に水分が溜まりやすい状態となり、これもまたむくみの原因となります。

便秘が起こる原因

妊娠初期の便秘は、つわりなどの問題による食欲減退が原因となって起こります。さらに中期以降になると、黄体ホルモンの分泌がますます盛んになり、これが腸の運動を妨げることにより便秘が起こりやすくなります。

また、大きくなった子宮が腸を圧迫することも、便秘の原因として挙げられます。

水分と食物繊維を摂取しましょう

カロリーの気にならない水分、そして食物繊維の摂取が、辛い便秘の症状の緩和に役立ちます。妊娠初期には難しいとしても、妊娠中期以降には食欲が戻ってきますので、このときがチャンス。努めて水分と食物繊維を摂取してみて下さいね。

2人分食べる必要はありません

妊娠すると2人分の食事を食べる必要がある。今から数十年前の昔では、そのようなお話がもっともらしく囁かれていました。ですが、これに対する医学的な根拠はありません。

妊娠中のあなたとお腹の中の赤ちゃんが必要としているのは、2人分の食事ではなく、栄養素です。つまり、2人分の食事をきっちり食べる必要はなく、摂取している栄養素とその量に注意を払うべきであるということです。

もしもあなたが、律儀に2人分の食事を食べているのであれば、それは今すぐにやめて下さい。それを続けていると、産後太りという厄介な問題に悩まされることになりかねませんから。


妊娠中でも飲めるおすすめのごぼう茶↓
デトックス&アンチエイジングでキレイなママを目指そう


お試し600円
送料無料

このページのトップへ