痩せにくい日を避けてダイエットしよう

ダイエット失敗の原因は「痩せやすい時期」を知らなかったからかもしれない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイエットを始めて、毎日食事制限や運動を頑張ってしまう女性も多いはず。

ですが、「毎日」同じように頑張っているにも関わらず、痩せにくい日があることをご存知ですか?

女性は女性ホルモンの働きによって、「痩せやすい日」と「痩せにくい日」があるんです。

意識せずにダイエットを始めれば、なかなか体重が減らず、モチベーションも下がってしまうはず。

自分の体調管理を行い、痩せやすい楽しいダイエットを始めてみましょう。

痩せにくい日とは?

女性なら感じることも多いと思いますが、生理1週間前は食欲が増してしまいませんか?

この時期は心のバランスも崩れ、うまく自分を制することができません。

また、生理に向けて体内では栄養も水分もため込みがちになってしまいます。

痩せたくても痩せられない時期のダイエットは、温かいココアや白湯でお腹を満たし、脳をリラックスさせてください。

体重計にはあえてのらず、「食欲をおさえる」ことだけに集中しましょう。

糖質の少ない食事をとり、満腹感を与えるナッツやドライフルーツで乗り切ってください。

生理中のダイエット

生理中は体を労わり、ゆっくりと休ませてあげましょう。

無理に激しい運動をしたりせず、お腹の中を温める食事をとってください。

冷えやすい時期に体を冷やす食事をとれば冷え性を引き起こし、痩せにくい体質になってしまいます。

血液の元となる鉄分と水分を摂取し、むくみがとれるようにマッサージや軽いストレッチのみ行いましょう。

また、浴槽にゆっくりと浸かるのもおすすめです。

下半身を温めながらも、発汗によってむくみを抑制することもできます。

痩せやすい時期のダイエット

生理後一週間は体調も整い、とても痩せやすい時期に入ります。

新しいことを始めるのにも向いていますので、試してみたいダイエット法はここで始めましょう。

少々無理をしても、心身ともにアクティブな状態にあります。

無理のしすぎは禁物ですが、積極的にダイエットに励みましょう。

排卵日から一週間は現状維持。毎日続けられそうな軽い負荷の運動に切り替えてください。

次の痩せにくい日が来る前の微調整時期と捉え、ゆったりとした気持ちでダイエットに取り組みましょう。

毎日同じ方法を繰り返すよりも、メリハリをつけてダイエットしてみてください。

自分の生理周期を見直し、今がどんな時期であるのかを把握しておくと、順調なダイエット生活が送れるようになります。

体を大切にしながら、無理のないダイエットを行いましょう。

カテゴリ:生理前のむくみ

このページのトップへ