フルーツだって食べ過ぎれば太ります

ヘルシーなはずが実は太りやすい?フルーツに含まれる「果糖」に注意

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今は亡き、美容研究家のエピソードを思い出しました。

彼女が美容研究家への道を歩み出すことになったきっかけは、肥満で苦しみ、天寿を全うすることなく天国へ旅立たれたお母さまへの思いだったのだそうです。

彼女のお母様は、専門医の指導のもとで一生懸命にダイエットに取り組んでいましたが、幼き日の彼女はそのような母の姿を見て、どうしても納得することができない、ある疑問を抱えていたのだそうです。

それは、お母様が実践していたダイエット法でした。

「毎日好きなだけフルーツを食べ、ほかの食品は一切食べてはいけない」

カロリーを抑えたいときのおやつに、ビタミン、ミネラルの補給に…など、現在でも、フルーツは美容と健康に大きく貢献してくれる食品であり、適度な摂取は体内から美と健康を運んできてくれます。

また、生で食べる事が多いので、加熱によって半減してしまうカリウムや酵素を取るのに絶好の食材と言えます。

ですが、それはあくまでも適度な摂取を行った場合のお話であり、限度を超えてしまえば肥満の原因となることも考えられます。

フルーツだって、食べ過ぎれば太ります。

それでは、この根拠を簡単にご説明させて頂くことにしましょう。

果糖は太りやすい

果実には、果糖という糖分が含まれており、この成分は肝臓で分解・代謝されます。ところが、果糖を過剰摂取してしまうと、分解・代謝されなかった余剰分の果糖は中性脂肪に姿を変え、体内に留まってしまいます。

つまり、果実の過剰摂取は太りやすい身体を作る原因となるということです。

むくみやすいからバナナやリンゴでカリウムを、酵素ダイエットのためにパイナップルを…とばかりに果物ばかりを食べていたら果糖を必要以上に摂ってしまうことになります。

【関連記事】むくみ解消のためのカリウムサプリはこちら
実力で選ぶカリウムサプリランキング

甘味の元・ソルビトールとは?

人工甘味料の原材料ともなっているソルビトール、名前を耳にしたことのある方は多いのではないかと思います。ソルビトールは甘味を作り出す成分であり、砂糖の60%前後の甘味を保有していると考えられています。

また、ソルビトールは砂糖ほどしつこい甘さではなく、どちらかというと爽やかな甘味であるため、口当たりがよいという特徴を持っています。

たとえば、蜜がたっぷりと入ったリンゴを思い浮かべてみて下さい。あの蜜こそが、果肉に蓄えられたソルビトールの正体です。

ソルビトールはさまざまな果実に含まれており、リンゴ2個、バナナ2本程度であれば、肥満の原因となることはまずありません。

ところが、限度を超えた過剰摂取を行ってしまうと、腸内にガスを発生やすくするばかりではなく、皮下脂肪として蓄えられてしまう可能性が大。

つまり、ソルビトールの過剰摂取は厳禁であるということです。

果実を怖がらないで!

冒頭で述べた、美容研究家のお母様がなぜ痩せることができなかったのか、その理由をご理解頂けたのではないでしょうか。

フルーツにはビタミンやミネラルなど、美容と健康の維持に必要な成分が豊富に含まれていますので、積極的に摂取したい食品であることは間違いありません。

ただし、食べ過ぎてしまうと肥満につながる可能性が出てくるということも、忘れないで下さいね。

【関連記事】
果物、野菜に豊富!カリウムのダイエット効果とは

このページのトップへ