太りやすい・むくみやすい生理前を回避してダイエットしよう

女性ホルモンの周期をダイエットに活かす方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女性の体は約28日で繰り返される生理周期によって、ホルモンバランスや体調が少しずつ変化していきます。

このホルモンバランスの周期は、毎朝目が覚めてすぐ基礎体温を計測するだけで、誰でも簡単に自分の周期を知る事ができます。

この周期をダイエットに活用すれば、痩せやすい時期に積極的にダイエットを進めたり、痩せにくい時期は増減を繰り返す体重に一喜一憂することなく、ゆったりした精神状態で過ごすことができるようになります。

是非今日から自分の生理周期を知って、効率よくダイエットに活かしていきましょう。

生理後から排卵日まではダイエットに絶好のチャンス

毎朝基礎体温を計っていると、生理終了から7日前後に一旦体温が下がり排卵日を迎えます。

この生理終了から排卵日までの約一週間の時期は、エストロゲンという女性ホルモンの分泌が多くなり、体は軽く新陳代謝もアップするのでダイエットにはお勧めの時期です。

生理後半の体が比較的楽になった頃から、ダイエットの準備として野菜中心の腹八分目の食事や、無理の無い範囲での有酸素運動の習慣を付けておくとこの時期にスムーズに体重を落とすことができます。

また、この時期は比較的体調がいい場合が多いので、新しいエクササイズやダイエット方法を試すのにも最適です。

排卵日から生理後までは守りのダイエットで無理なく体重維持を

排卵が終わり体温が上昇して高温期に入ると、エストロゲンの分泌が減り、代わりにプロゲステロンという女性ホルモンの分泌が活発になります。

プロゲステロンは女性の体内に水分を貯めて、赤ちゃんを育む心地よい環境を作るホルモンなので、体が重たくなり、むくみやすく、新陳代謝も下がってしまいます。

また、体が高温の体温を維持しようと熱量を求めるので、チョコレートなど甘い物が食べたくなったり、無性にお腹が空いたりする時期でもあります。

この時期からダイエットを始めると、空腹や食欲に負けてリバウンドしやすいだけでなく、精神的にもイライラしたり不安定になりやすい時期なので、なるべく現状維持を心がけ、細かい事は気にしないでリラックスして過ごすことが大切です。

見た目の変化はほとんど無くても、女性の体は日々刻々と変化し続けているものです。自分の基礎体温を知って上手に痩せるタイミングを活用してダイエットを始めれば、リバウンドに苦しむことなく、スムーズに体重を落とすことができます。

基礎体温計は枕元に常備しておけば、毎朝無理なく計測することができます。

是非自分の体の周期を知って、ホルモンバランスと上手に付き合いながらダイエットを続けていきましょう。

生理前のむくみ・体重増におすすめのダイエットサプリ

カテゴリ:生理前のむくみ

このページのトップへ