むくみ解消にカリウムを効果的に摂取しよう

体のむくみを解消してくれる!?カリウムってどんなもの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体がむくんでしまって、どうしたらいいの…と思ったことってありませんか?

特に女性は悩んでいる方が多く、むくんでしまう場所も顔や足、指先などさまざま。生理前や体調によっても症状の程度も変わりますよね。
このような不快感はどのように解消すれば良いのでしょうか?

体がむくんでしまうのは、体の中の水分と血液がアンバランスとなり、水分が細胞の外側へ出て溜まってしまうから。
たとえば歩きすぎ、座りっぱなしなど同じような体制のままでいると、うまく血液が循環せずこのような状態になりやすいと言われています。

このむくみを解消するために有効だと言われているのが「カリウム」を摂取するという方法です。
よく聞く成分ではありますがどのような成分なのでしょうか?

カリウムは水分・塩分を体の外に出してくれる!

カリウムというのは、私たち人間を含めてどの動物にもどの植物の体の中にも含まれる成分。
ないと生きていけない成分なのですが、とても摂取しやすい成分にもなっています。

このカリウムは、体の中にある余計な塩分を体の外に出してくれる…という働きを持っています。

体がむくみやすいという方は、塩分の摂りすぎが原因だということがよくあります。
これは、塩分(ナトリウム)が水とくっついて細胞の隙間に居座ってしまうという習性があるからなんですね。
つまり、カリウムを摂って水とくっついているナトリウムごと外に出してしまえば、むくみの原因である余計な水分・塩分を一気に流してしまえるというわけ。

カリウムを積極的に摂ることで、むくみ解消・むくみ防止につながるんですね。

どんな動植物にもカリウムが含まれている!でも摂り過ぎ注意

カリウムですが、前述にもあったようにどんな動物・植物にも含まれている成分です。

  • パセリ
  • バナナ
  • アボカド
  • チョコレート
  • アーモンド
  • タケノコ

…もちろん、これ以外にもたくさんの食品に含まれています。

生のフルーツには特にたくさん含まれていると言われていますが、フルーツには糖分(果糖)がたっぷりと含まれているので摂り過ぎには注意が必要です。

また、最近では一般的な食塩(ナトリウム)の代わりに減塩できるアイテムとして、カリウム(塩化カリウム)の塩も登場しています。
が、カリウムは摂取しすぎると血液の中のカリウム濃度が高くなり、高カリウム血症を引き起こしてしまうことも考えられますので、やはり摂り過ぎには注意。

カリウムは生きていく上で欠かせない成分ですから、摂り過ぎはもちろん不足してもいけません。
とても摂取しやすい成分になっていますから、むくみが気になるときには気持ち多めに摂取しよう…と心掛けると良いでしょう。

このページのトップへ