疲労や冷え、むくみを改善する漢方

【冷え、むくみ、倦怠感etc…】覚えておきたい!女性の不調をサポートしてくれる漢方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近、なんだか体がだるい、疲れやすい、体が痛い…。病院で診てもらっても異常はないのに、このような不定愁訴に悩まされている方はいませんか?

女性はホルモンランスによって大きく体調を崩したり、気持ちが揺れることがあります。

生理前になるといつも気分が優れない、閉経してからずっと体調がよくない…という方は漢方を試してみてはいかがでしょうか。

ここで女性が覚えておきたい定番漢方薬について詳しく説明します。

漢方薬は女性特有の症状にピッタリ

理由もなく不安になったり気分が落ち込んだり、肩こりや頭痛が長引いている…。今そんな症状に悩まされている女性が増えていると言われています。

女性は月経や妊娠、出産、閉経などによって自律神経が乱れやすくなり辛い症状に悩まされることがあります。

西洋医学に比べ、漢方は体と心のつながりを重視する一面があるため、女性特有の症状に合わせたさまざまな生薬が用意されています。

また漢方は1つの処方薬に複数のいろいろな生薬が配合されているため、1つの漢方で複数の症状にアプローチすることもできるのです。

病院に行っても検査を受けても異常がないにもかかわらず、つらい症状に悩まされている…漢方はそんな女性特有の症状に適していると言えるでしょう。

頭痛や肩こり、倦怠感、イライラなら加味逍遥散

ホルモンバランスの変化による自律神経の乱れに適しているのが加味逍遥散(かみしょうようさん)です。

加味逍遥散は月経不順やPMS、更年期障害、神経症、不眠症、自律神経失調症や軽いパニック障害、めまい、のぼせ、肩こり、動悸、足腰の冷え、むくみといった症状をカバーしてくれるお薬です。

加味逍遥散は体力がなく色白な方に適しています。また「肩こりがひどくて、気持ちも落ち込みがち」「むくみがあって、夜眠れない」など、いろいろな愁訴を抱えている方に最適なまさに女性の味方とも言える生薬でもあります。

緊張やイライラ、不安や落ち込みなどの心のトラブルにも作用してくれると言われ、「何を試してもよくならなかった」という人が、この加味逍遥散でよくなったという声も多いようです。

加味逍遥散は特に40歳前後のホルモンバランスが変化やストレスにさらされやすい世代の女性や閉経後の方にも適しています。

また婦人科疾患の治療のための治療の副作用による不調の改善にも使用されています。

女性なら誰でも一度は経験する悩み全般に対処してくれるため、是非、名前を覚えておきたいお薬と言えそうです。

冷えやむくみが気になるなら当帰芍薬散

体力がなく、冷え性で顔や手足のむくみが気になる方にオススメなのが、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)です。

血行を改善しながら体を温め、胃腸の機能をサポートし、体の中の水の流れを整えてむくみを改善してくれるお薬で頭痛、肩こり、肌のくすみが気になる方にも適しています。

冷えやむくみは気になるけれど、気持ちが揺らぐことはあまりないという方は当帰芍薬散でも効果を実感できることが多いようです。

漢方を選ぶときは医師や薬剤師に相談して

自分の症状にぴったり?と思う漢方が見つかっても、医師や薬剤師に相談せずに漢方を購入することはオススメできません。

なぜなら、漢方は同じような症状に効くものでも「体力があるかどうか」「冷えやのぼせがあるかどうか」などによって、違う生薬が処方されることがあり、医師や薬剤師の判断が欠かせないお薬だからです。

加味逍遥散も当帰芍薬散も一見、同じように感じますが「当帰芍薬散ではまったく効果がなかったのに、加味逍遥散を飲み始めたら、すごく楽になった」という場合も少なくなくありません。

お金や時間を無駄にしないためにも、専門の知識を持つ薬剤師がいる薬局や漢方外来のある病院で相談するようにしましょう。

西洋医学が痛みをはじめとするさまざま症状を抑える対処療法であるのに対し、漢方は自然治癒力を高めて穏やかに作用するため、長期間服用しても依存しにくいと言われています。

またメンタル面も同時にカバーしてくれるため、普通の病院ではなかなか改善しない症状にも効くことが多いので、辛い症状を抱えている方は是非、一度、医師や薬剤師に相談してみてください。


生理前の不快な症状を改善するおすすめサプリ

カテゴリ:生理前のむくみ

このページのトップへ