月経周期を整えよう

生理不順は放っておいちゃだめ!生理周期を整える生活習慣とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女性のカラダに関する代表的なお悩みと言えば生理に関すること。

生理は月1回程度、一定の周期で訪れるのが健康な女性と言われていますが、実際には毎月その通りに生理がこないと悩む方は少なくないようです。

生理不順だと旅行や仕事などで予定を立てるのに困るだけではなく、実際に妊娠したいと思うときにも不安抱えることになりかねません。

そもそも生理不順とはどんな状態のことを言うか、そして自分でできる改善策について紹介します。

生理が多いor生理がこない…生理不順ってどういうこと?

生理周期(月経周期)というのは、前回の生理が始まった日から次の生理が始まる日の前日までの日数のことを言います。

基本的な生理周期は28日前後と聞くことが多いですが、実際には個人差が大きいです。

25~38日の間であれば正常な範囲だとされています。

そのため、毎月ぴったり同じ周期で来なくてもこの範囲であれば大きな心配はいらないと言われるようです。

もし自分の生理周期がこの範囲を超えてバラつきがあるようでしたら、生理不順と言えるでしょう。

また、生理の期間が長すぎたり短すぎたりするのも生理不順と診断されることがあります。

正常な生理期間は3日~7日と言われていますので、これよりも短いもしくは長い方は注意しましょう。

【生理不順の種類】

  • 頻発月経:生理周期が24日以下と短い
  • 稀発月経:生理周期が29日以上と長い
  • 無月経:3カ月以上生理がない
  • :生理期間が8日以上と長く、出血が多い
  • 過少月経:生理期間が1~2日と短く、出血が少ない

どうして生理不順になる?

女性の4人に1人は何かしらの生理不順に悩んでいると言われています。

生理不順には卵巣や子宮、甲状腺などの病気が関係していることもありますが、単純に普段の生活の乱れが影響していることもしばしば。

病気の他には、例えば以下のような原因が考えられます。

ストレス

疲労などの身体的ストレス、仕事やプライベートなどで起こる精神的ストレスはいずれも視床下部に影響します。

視床下部は女性ホルモンの分泌を促す器官ですので、ここが機能しなくなるとホルモンバランスが崩れてしまうためです。

体脂肪

痩せたいと考えている女性は多く、ダイエットをしたことがある人がほとんどではないでしょうか。

ですが、過剰な食事制限による急なダイエットは、栄養不足によってホルモンバランスを乱してしまいます。

反対に、太りすぎの体型も女性ホルモンが過剰になって生理不順につながることがあるようです。

急な体重変動をしないことや、標準体型を維持するよう意識しましょう。

生活習慣

不規則な生活や偏った食生活は心にも体にも大きな負担がかかり、女性ホルモンの分泌を妨げてしまうことがあります。

睡眠不足や栄養不足がストレスを溜めやすくなってしまうことも関係するでしょう。

低体温&冷え性

低体温や冷え性の女性は多いですよね。

生理不順や生理痛で悩む人もほとんどが低体温や冷え性なのだそうです。

低体温や冷えは血行不良によるもので、血流が悪いとホルモンの運搬が不十分になります。

また、冷えによって卵巣や子宮などの機能が低下しやすくなるので、これも生理不順につながります。

自分でできる生理不順の対策

生理不順だと感じる場合は、基本的には婦人科を受診するのが大切。

ですが、女性の体はとてもデリケートですので、環境の変化や体調、ストレスによって排卵のタイミングがずれることは少なくありません。

そのため、少し様子を見て以前のように生理の状態が戻ることも充分あります。

規則正しい生活

まずは普段の生活習慣の見直しから始めましょう。

1日3食さまざまな食材を口にすること、夜更かしや睡眠不足はできるだけ避けます。

体を動かす習慣をつけるなど、いわゆる健康的な生活を意識します。

自律神経を整えてストレスに強くなるためにも、食事・睡眠・運動の要素は大切です。

体を温める

体温を上げて体が冷えないような生活を心掛けましょう。

冷たい飲み物より温かい飲み物、生野菜よりも温野菜やスープを食べるようにします。

また、運動をして筋肉をつけることで血行がよくなり体温も上がります。

その他、シャワーで済ませずに入浴することや、マッサージなどもおすすめです。

ツボ押し

生理不順と感じるときは、ツボを押してみるのもおすすめです。

子宮に関するツボを刺激することで働きを整えてくれますし、ストレスの軽減や血行がよくなります。

子宮に関するツボは全身にいくつかあります。

例えばおへその中央から指3本分、4本分下のところにそれぞれツボがあるので、ゆっくり押してみましょう。

もう1つ、内側のくるぶしとアキレス腱の間にあるツボも見つけやすくて押しやすいのでおすすめです。

生理不順だなと感じたら、そのまま放っておくのはよくありません。

何か体の不調がないか、生活が不規則になっていないかなど自分の体と向き合うようにしましょう。

長いこと生理不順が続くような場合は、一度婦人科を受診してみてくださいね。


生理前の不快な症状を改善するおすすめサプリ

カテゴリ:生理前のむくみ

このページのトップへ