減塩&カリウム強化で脱むくみ体質

太るのは脂質と糖質だけじゃない!?塩抜きダイエットで痩せる理由!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

短期集中で徹底的に塩分を控えるという塩抜きダイエットが流行しています。

塩分の摂りすぎは高血圧になるから健康によくない、というのはよく知られていますが、痩せるというイメージはなかったのではないでしょうか。

なぜ塩分を控えるとダイエット効果があるのか、その理由を紹介します。

日本人は塩分を摂りすぎている!?

味噌汁や漬物、煮物、刺身やお寿司につけるしょう油、魚の干物など、和食には塩分が多く使われています。

そのため、日本人は元々塩分摂取が多い傾向にあります。

それに加えて、ファーストフードやスナック菓子、ハムやベーコンなどの加工肉、ラーメンなどを食べる機会も増えましたが、いずれも塩分量が多い食品ばかりです。

私たちは知らない内に塩分を摂りすぎてしまいやすい環境で暮らしています。

塩分の摂りすぎが太りやすくなる理由とは?

塩分の摂りすぎは健康に良くない、というのはイメージがつきますが、ダイエットにも良くないのはどうしてなのでしょうか?

その理由を大きく3つ取り上げてみました。

水分を溜めこむからむくみやすい

女性にとって気になるのが主に下半身で起こりやすいむくみです。朝はもっとスッキリしていたはずの足が夕方にはパンパンになって、体重以上に太って見えてしまいます。

むくみは、本来は排出されるはずの余計な水分や露廃物が溜まってしまう状態です。このむくみを引き起こしてしまうのが塩分の摂りすぎ。

体の中はいつも、塩分(ナトリウム)濃度を一定に保つように働いています。

食事から塩分を摂りすぎるとそのままでは塩分濃度が高くなりすぎてしまうので、濃度を一定にし保つために水分を溜めこんでしまうのです。

【関連記事】
塩分によるむくみとは?

代謝が落ちる

ダイエットするなら代謝を上げて、太りにくくて痩せやすい体質にするのが有効ですよね。でも、塩分を摂りすぎると代謝のダウンにつながります。

塩分の摂りすぎで水分が増えるということは、血液の量が増えるということです。

血液の量が多いと、その分だけ血管を圧迫して血の巡りが悪くなってしまいます。ちなみにこれが、塩分の摂りすぎで高血圧になってしまう理由です。

血行が悪ければ必要な酸素や栄養を全身に届けにくく、不要になった老廃物も回収しきれなくなってしまう、つまりは代謝が悪くなってしまいます。

セルライトができる

ダイエットしたい人の中にはセルライトに悩む方も多いですが、セルライトも塩分の摂りすぎが原因になってしまうこともあります。

それと言うのも、セルライトができてしまうのはむくみが関係しているからです。

むくみによって余計な水分や老廃物が残っていると、体の中の脂肪とくっついて固まります。これがセルライトになると言われているのです。

むくみやセルライトのないほっそりした下半身を目指すなら、塩分の摂りすぎに注意する必要があるでしょう。

塩抜きダイエットの方法

流行している塩抜きダイエットは、2~3日間は集中的に塩分を摂らないというダイエット法です。

短期間塩分を抜くことで体に溜まった水分や塩分を排出して、むくみの解消、代謝を上げる効果が期待できます。

余計な水分が排出した分の体重が減るのでダイエットの即効性も高いですし、体がスッキリしたり肌の調子がよくなったと感じる人もいるのだそう。

塩分を抜くだけの簡単な方法ですが、以下のポイントに注意して実践してみてくださいね。

塩抜きダイエットをする2~3日は、全ての食事で塩分を使わない。

外食や購入した食べ物では塩分を抜くことが難しいので、ダイエット実施中は自炊するのがおすすめです。

酢やレモン汁、出汁、香辛料などを活用すること塩を使わなくても美味しく食べることができます。

水をたくさん飲む

体の中の塩分濃度を下げるため、水はたくさん飲むようにしましょう。

水を飲むことで体の中の塩分が薄くなれば、余計な水分は尿として排出されていきます。

利尿作用のある緑茶も効果的です。

野菜、果物を多く食べる

カリウムは体内にたまった塩分を排出してくれます。

野菜や果物に多く含まれているので、塩抜きしている間も意識して食べるようにしましょう。

カリウムの力でむくみ解消!
人気のカリウムサプリはこちら

3日以上は続けないこと

塩分は体にとって必要な栄養素です、長期間続けるとかえって体によくない影響を与えてしまいます。

長くても3日間までにして、塩抜きの実践中にも体の不調を感じたら、無理せず中断するようにしてくださいね。

定期的に行う場合は、多くても月に1回程度までとも言われていますので、しょっちょうは行わないようにしましょう。


塩分の摂取量に気を付けることは、ダイエットにはもちろん健康や美容の維持にも効果的です。

きちんと塩抜きダイエットが難しい場合でも、普段から減塩を意識するだけで少しずつ体質の改善を見込むこともできるはずです。

これからは脂質や糖質だけではなく、塩分にも注目して食事を選んでみてはいかがでしょうか?

このページのトップへ