ふくらはぎ揉みダイエット

代謝アップにも!ふくらはぎを揉んで健康になろう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事がデスクワークだと、1日中いすに座り、夕方になると肩や腰がガチガチなんて人も多いのではないでしょうか?

運動したいけど、なかなか時間も取れないし・・でも対策はしたい。

そんな人にお勧めなのが「ふくらはぎマッサージ」です。

ふくらはぎは第二の心臓と呼ばれるくらい、体の中でとても大切な部分。

健康UPのために、今回はふくらはぎのセフルチェックとあわせて改善策を見ていくことにしましょう。

ふくらはぎが第二の心臓ってどういうこと!?

ふくらはぎは、第二の心臓と言われています。

人間は二足歩行で歩きますよね。

重力によって血液がどうしても足にたまりやすくなるのですが、ふくらはぎが健康だと歩くたびにポンプの役目をして心臓へと血液を上手に送ることができます。

ふくらはぎの筋肉が弱くなり、血液の流れが悪くなると、体全体の血液の流れが悪くなり結果、代謝も落ちてしまうんだとか。

ふくらはぎの状態と体の健康状態はリンクしていて、ふくらはぎが硬すぎる状態だったり、冷たかったり、しこりがあるなんて人は体全身の機能が落ちている証拠かもしれません。

ふくらはぎは、下半身の心臓とも言える大切な部分。

ふくらはぎをいたわることで体全体を元気にすることもできるようになります。

ふくらはぎセルフチェック

ふくらはぎの状態をセフルチェックしてみましょう。

1つでも当てはまったら改善が必要。それでは行ってみましょう!

  • ふくらはぎが手のひらよりも冷たい
  • 弾力がなくポニョポニョしている
  • 皮膚に張りがなく、押すと痛い
  • 硬くて押しても仲間で届いて居ないような気がする
  • 押していた指を離すと跡がついてなかなか戻らない

この5つの項目、どれか1つでも当てはまれば、血液の流れが悪くなっている証拠です。

早速ふくらはぎを刺激して健康を取り戻して行きましょう。

ふくらはぎセルフケアしよう!

ふくらはぎを揉むのはお風呂の中でが最適です。

なぜなら、ふくらはぎは「揉む」と「暖める」を同時に行うことが理想だからです。

ダイエットなどで、むくみケアを行っている人もいますが、ただ揉むだけでは、その日1日で効果は切れてしまいます。

お風呂の中で暖めながら揉むことで、ふくらはぎの働きを根本から改善することができるようになります。

また、運動もとても大切。なかなか時間が取れないときも、家の中でかかと上げ運動をするのがお勧め。

背伸びをする要領で、かかとを上げ下げしましょう。

かかとを上げて体に少しだけ負荷をかけてあげることで、カロリー消費も同時に見込めます。

ダイエットにも効果がきたいできるので是非お試しを。

いかがでしたか?

ふくらはぎは、体にとってとても大切な部分だということがお解かりいただけたと思います。

ふくらはぎをしっかりとマッサージしたり、鍛えたりすることは健康を維持することにつながりますので、がんばって続けて行きましょう。

ふくらはぎを揉むことで代謝も上がり、ダイエット効果も期待できるので、美と健康どちらも手に入れられる究極のマッサージなのかもしれませんね!


マッサージ効果をアップする足痩せサプリはこちら

カテゴリ:下半身・足痩せ

このページのトップへ