骨盤を締めてお尻を小さくしよう

後ろ姿の印象をグッとアップする!お尻ダイエットの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイエットしたいと思った原因が「お尻」なんて人、いませんか?

お腹や二の腕、太ももに脂肪がつくのを感じる人が多いのですが、自分からは見えないお尻がいつの間にか大きくなっていたなんてことも。

今まで履いていたジーンズがお尻で引っかかり、履けても窮屈に感じて苦しいという経験もあるはず。

常に見て確認できるお腹や脚と違い、お尻には無頓着になりがちです。

そんなお尻を小さくするダイエット法、試してみたくありませんか?

スキニージーンズもスルッと履けるようになる、スリムなお尻を作るダイエット法をご紹介します。

お尻が太る原因

太るとお尻が大きくなるのは女性ならではの悩み。

これは女性にとって大切な骨盤のゆがみが原因であることも多いのです。

日々の生活の何気ない習慣で骨盤は開き、ゆがみを生じることでお尻の形が崩れ、脂肪がつきにくくなります。

また、お尻を触るとヒンヤリしていることも多いはず。

座りっぱなしなどの同じ体制が続くことで血行が悪くなり、代謝が不足してしまうことも原因です。

同時に筋力不足も加われば、お尻は太っていく一方。

様々な要因が重なり、太りやすい体質になっているのかもしれません。

まずは姿勢を正す

骨盤を歪ませずにお尻の形をキープする筋肉をつけるには、姿勢を正すのが一番の近道です。

猫背をまっすぐにするのはもちろん、足を組んだり、重心を片足にかける立ち方を見直しましょう。

いつもバッグを同じ腕や肩にかけている人は、もう片方で持ち替えてバランスをとるように心がけてください。

立っている時、座っている時にはお尻をキュッと引き締めましょう。

お尻の筋肉は力を入れているだけでも鍛えることができます。

電車に乗っている時、駅から歩く時に意識すれば、通勤中に筋肉トレーニングができてしまいます。

お尻に力が入れば自然と姿勢も整い、骨盤も整いやすくなります。


骨盤矯正の決定版!7,980円
【送料無料】

お尻歩きでお尻を動かす

お尻を意識して動かすことで血行を促進させ、脂肪のつきにくいお尻にすることができます。

ウォーキングよりも効果があるのが、お尻歩きエクササイズ。

床に座り、両足をまっすぐのばしたら、お尻の力だけを使って前進と後退をしてみてください。

腕の反動を使わず、肩の動きをお尻に合わせて進みます。

インナーマッスルが鍛えられ、お尻の筋肉を大いに活性化させることができます。

お尻痩せは難しいようでいて実は単純。

意識して整え、動かすだけで効果が表れるため、ダイエットしがいのあるパーツです。

後姿もスリムに見せたいなら、ぜひお尻のダイエットも始めてみましょう。


足やお尻に自信が持てる!おすすめ下半身痩せサプリ

カテゴリ:下半身・足痩せ

このページのトップへ