更年期障害はいつから?どんな症状?

40代からの体調トラブル・更年期障害の症状とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近なんとなくお肌のクスミやタルミが気になってきた。多くの女性は、30代半ば~40代前半にかけてこのようなお肌のトラブルを感じるようになってきます。

そして、それと同時に生理の周期が乱れやすくなる方も少なくはありません。

このような状態が現れやすくなるのは、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌量が減りはじめるからです。

エストロゲンは、ハリのあるお肌や艶やかな髪、女性らしい身体つきなどを司るホルモンですが、その現象とともに、身体のいたるところに老化現象が現れはじめます。

つまり、お肌のトラブルが起こりやすくなったり、生理の周期が乱れがちになったりするのは、老化の入り口であるということです。

さらに、閉経後には厄介な更年期の症状が現れはじめることがあります。

それ、もしかすると更年期かも

更年期の症状の現れ方には大きな個人差があり、ひどい方では生活に支障をきたすレベルの症状が現れることがあります。その症状の代表選手は、のぼせやホットフラッシュでしょう。

頭の中がなんとなくのぼせている感覚が起こると、それと同時に動悸や息切れ、突然の立ちくらみなどが起こることがあります。

また、ホットフラッシュでは上半身を中心に常に身体が火照っているような状態が続き、真冬でも多く汗をかいて人目に触れやすくなる場所への外出がおっくうになってしまうこともあります。

また、人によっては常にイライラ感がつきまとい、ちょっとしたことで子供や夫を大声で叱りつける、あるいは他人の行動がいちいち気に入らなくで、それがヒステリックな言動となって現れる方もいらっしゃいます。

このような状態は、傍で見ているとさっぱりわけがわからないのではないかと思いますが、ご本人の意思とは関係なく現れるのが更年期の症状で、これらを総称して更年期障害と呼びます。

辛い症状を改善!おすすめのセルフケア
更年期障害サプリメント

意外と知られていない更年期の症状って?

まず挙げられるのが睡眠障害でしょう。そして、特別に暴飲暴食をしたわけでもないのに突然体重が増えたり、その逆に突然体重が減少したりすることもあります。

また、以前では朗らかで明るい性格だった方が突然おとなしくなり、1日中ふさぎこんでいる状態となってしまうこともあります。

このように、更年期障害といってもその症状は実にさまざまです。

ご自身に自覚症状がある場合はもちろんのこと、周囲にあなたご自身の異変を指摘されたのであれば、一人で悩まずに専門家によるカウンセリングを受けましょう。

カテゴリ:更年期障害

このページのトップへ