大豆イソフラボンは女性の元気の味方

「大豆イソフラボン」の効果とは?ホルモン量が減少する更年期障害におすすめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

女性ホルモンのひとつである「エストロゲン」の分泌量が急降下する40代以降では、生理不順をはじめとする不快な症状が現れやすくなります。

さらに年を重ねて50代前後なると、より体内のエストロゲンの残量が少なくなり、更年期障害に至ります。

更年期障害の重症度には大きな個人差がありますが、さまざまな症状が並行して現れ、さらにその重症度が高くなって放置しておくと高血圧や糖尿病などの別の病気を発症してしまう恐れが出てきます。

そのようなとき、体内に取り込むとエストロゲンと同じような役割を果たしてくれるのが大豆イソフラボンという成分です。

大豆イソフラボンは大豆製品に多く含まれていますが、効率よく摂取したいのであれば、やはり大豆イソフラボンサプリに勝るものはないでしょう。

大豆イソフラボンの働きとは?

大豆イソフラボンとは、大豆の胚芽部分に多いフラボノイドというポリフェノールの一種で、体内に入るとエストロゲンとよく似た働きをするという特徴を持っています。

つまり、エストロゲンの減少が災いして起こる更年期障害の症状の緩和に役立つということですね。

また、大豆イソフラボンには悪玉コレステロールの増殖を防いだり、血圧上昇を食い止める働きを持っているため、動脈硬化や高血圧、糖尿病、骨粗鬆症など、更年期世代が気になる体調トラブルの予防にも役立ちます。

さらに、美容に対する働きでも有名ですね。いつまでも美しくありたい女性の力強い味方です。

大豆イソフラボンサプリと同時に摂取したい食品とは?

大豆製品全般に大豆イソフラボンが含まれていますが、特におススメしたいのは発酵食品である納豆です。

納豆は、安価でどこのスーパーでも手に入りやすく、身近な健康食品の代表格。

1日納豆1パックを毎日食べることにより、身体が必要としている大豆イソフラボンを適度に補うことができると考えられています。

ですが、納豆は好き嫌いがはっきりと分かれる食品ですし、どんなに好きでも毎日食べ続けていれば、やがては飽きてしまうともあるでしょう。

そのようなときには、豆乳ではいかがでしょうか?

成分無調整のプレーンタイプの豆乳では大豆の風味が強くなっていますが、調整豆乳なら多くの人が抵抗なく飲める味に調えられています。

スムージーや青汁との相性もよく、手作りドリンクのベースとしても使いやすいですよね。

現在ではコーヒー、イチゴ、バナナ味、変わったところだと杏仁豆腐やプリン味など、バリエーションに富んだ風味付けをされたものも販売されていますので、それらを1日1本ずつ飲むという方法もおススメですよ。


吸収されやすいアグリコン型大豆イソフラボンを使用!


初回半額!2,730円
【送料無料】

注目成分を配合したおすすめランキングはこちら
ホルモン力を高める!更年期障害サプリメント

カテゴリ:更年期障害

このページのトップへ