スタイルアップのための歩き方

歩くだけで痩せられる!ダイエットの前に歩き方を見直そう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイエットはできるだけ簡単で、いつでもできる方法がいいですよね。

普段の生活の中でちょっと意識を変えるだけでダイエットになる時間があります、それは“歩いているとき”!

正しい姿勢、正しい歩き方をするだけで、ボディラインが引き締まって痩せやすい体質になれるんです。

何をしてもなかなか痩せない下半身ダイエットにも効果大。特別なダイエット法を始める前に、まずは自分の歩き方を見直してみませんか?

こんな歩き方は太りやすい!?

太りやすい、痩せにくいと感じている方はそもそも歩き方に問題があるかもしれません、

例えばこんな歩き方はダイエットの妨げになるので要注意です!

・スマホを見ながら歩いている

スマホを見ながら歩くと視線は下向きになり、猫背になってしまいます。

猫背は骨盤が歪んで、代謝が下がって老廃物を溜めこむので下半身デブにつながりやすくなります。

・歩幅が狭い

ちょこちょこと狭い歩幅で歩いている人は、股関節が硬く、腰をひねる動作ができていません。

しっかり腰を使って歩けば、それだけでくびれを作ることだってできるのに、とってももったいないことをしています。

・内また

内またの人は太ももの外側ばかりに負荷がかかって、内側の筋肉である内転筋が衰えます。

太ももが太く見えたり、骨盤の歪みに繋がります。

まずは正しい立ち方をマスター!

いざ正しい歩き方を覚える前に、正しい立ち方をできるようにしましょう。

大切なのは体幹をしっかり使うことです、常にお腹の筋肉を意識して立つようにしましょう。

①つま先をまっすぐ前に

②おへその下あたりに意識をいて、少し胸を張る

おへその下にある“丹田”を意識して、お腹を引き締めながら立ちましょう。腰を反りすぎないように。

③アゴをひく

良い姿勢がわからないときは、壁に背中・かかと・お尻・後頭部をつけてながら、上記のことを意識して立ちましょう、それが正しい立ち方です。

最初は違和感があるかもしれませんが、常に意識することで自然とこの立ち方ができるようになります。

正しい歩き方で歩けば痩せる!

正しい立ち方ができるようになったら、そのままの姿勢で歩きましょう。

やっぱり丹田を意識して、お腹を引き締めるように歩くことで正しい姿勢を維持しやすくなります。

(1)正しい立ち方の腰の位置をそのままに、つま先から踏み出す

足の親指を意識しながら、全ての指を使って地面を踏みしめましょう。

(2)腰を押し出すように足を出す

膝は曲げずに振り子のように足を出します。

(3)かかとから着地する

かかとがついたら、「足の外側→小指の付け根→親指の付け根」の順に体重移動するように意識します。

(4)再びつま先から踏み出す

視線は下を向かずまっすぐ正面を見つめて、つま先→かかと→次の足のつま先…の順にしっかりと体重を移動させながら歩きましょう。

モデルさんや女優さんのオフの過ごし方を想像して、美しい歩き方になるよう意識してくださいね!

普段の姿勢や歩き方がイマイチな人は、正しい姿勢で立ったり歩いたりするとお腹あたりがとても疲れると思います。

でも慣れる頃にはぽっこりお腹が解消したり、すらっとしたレッグラインに近づいていること間違いなしです!

歩くだけでOKな簡単ダイエット、ぜひ挑戦してみてくださいね。


スラッとした美脚を作る足痩せむくみサプリ

カテゴリ:下半身・足痩せ

このページのトップへ