暴飲暴食してないのに太る謎

暑いから冷たいものばかり…それが夏太りの引き金に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ひと昔前までは、”夏痩せ”という言葉があり、夏になると本当に食欲が落ちて、体重がグンと落ちてしまう方が多かったのだそうです。

ところが現在では、夏痩せという言葉はどこかへ鳴りを潜め、その代わりに”夏太り”という言葉が登場してきました。

では、夏太りとはどのような状態を指すのでしょうか?

そして、その原因はどのようなところにあるのでしょうか?

夏太りってどんな状態?

特に暴飲暴食をしていたわけではないのに、夏限定でいきなり体重が増えることがあり、これを夏太りと呼びます。

ですが、暴飲暴食もしていないのに、なぜこのような状態が起こってしまうのでしょうか?

それは、夏に食べる機会が多くなる食品に原因があります。

冷たい水やジュース、冷たいアイスクリーム、冷たいサラダに冷たいそうめん。

これらは夏に食べる機会が増える食品ですが、どれもこれも冷たく、汗をかいた身体を一気に冷やしてくれそうですよね。

実は、この”一気に冷やす”という部分に問題が隠されています。

連日連夜、このような冷たい食品で身体を冷えし続けているうちに、実は内臓まで冷え切ってしまうことがわかっています。

すると、身体の内部では冷え症の状態が起こり、内臓を守るために脂肪がつきやすくなってしまうというわけ。

これが、夏太りの原因です。

夏太りを予防するためには?

冷たい食品ばかりを食べ続けないこと。これが最も大切なことです。

外気温が高くなると、どうしても冷たい食品に走りがちですが、1日3食冷たい食事ばかりを摂っていると、夏の終わりにはお腹がぽっこり…などという状態となってしまわないとも限りません。

冷たい食品のあとは常温の食品を摂るなど、食事やおやつの内容にひと工夫加えてみましょう。

また、ショウガやニンニクには身体を温める効果がありますので、ぜひ、毎日のメニューの中に取り入れてみて下さいね。

特にニンニクには、ダイエット効果も期待することができますよ。

適度な運動が内臓の冷えを防ぐ!

身体をなるべく動かす、軽い運動を行うなどを習慣にすると、代謝機能の衰弱を防ぎ、内臓の冷えも予防することができます。

暑いと外出や運動が億劫になりがちですが、内臓が冷えて肥満の状態となってしまったら、かなり厄介です。

そうなってしまう前に、身体の中から冷え性を防ぎ、夏太りを予防してみてはいかがでしょうか?


【関連記事】
冷え性によるむくみと解消法

むくみと冷え症改善サプリ

カテゴリ:冷え症改善

このページのトップへ