エステなら体重ダウンとスタイルアップが同時に叶う

マシンとハンドテクニックの相乗効果でスリムダウン!痩身エステの魅力とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイエットをして体重は落とせたけれど、体型はまったく変わらない。

上半身だけが痩せて足は太いまま…。自己流ダイエットにありがちなこんなジレンマを解消してくれるのが、痩身エステです。

痩身エステできれいになった女性を広告などで見て「本当にこんなに痩せるの?」と疑問視している方も多いのではないでしょうか。

ここで痩身エステと自己流ダイエットの違いにスポットを当ててみたいと思います。

体を芯から温めてから施術!

痩身エステで使用されているマシンにはいろいろなタイプがあります。共通しているのが「体をしっかり温めてから施術を行う」ということ。

サウナに入る、ヒートマットや遠赤外線バンテージを使用してじんわりと体を温める…など、血行を促進してから本格的な施術に入るスタイルが定番となっています。

脂肪は体の冷えた場所につきがちです。お尻やふともも、お腹など触ってみるとひんやりする…という方は体が冷えていると考えられます。

痩身エステではマシンやエステティシャンのハンドテクニックで老廃物を排出しやすくしていきますが、体が冷えた状態ではコリや滞った血流がほぐせず、痩せやすい体質に近づくことができません。

また自己流のダイエットでは食事制限をしてかえって冷えがひどくなっている人がほとんど。

さらに運動をまったく取り入れないと筋力が落ちて冷えやますます悪化します。すると代謝が落ちて痩せにくく、むくみやすい体になってしまうのです。

【関連記事】
冷え性によるむくみと解消法

セルフケアでもお風呂に入った後にマッサージするなどして体を温めることは可能ですが、一般的な入浴では保温効果が持続しにくく、温まっているのは体の表面だけということが多いので、エステで使用されている体を温めるマシンに比べると効果は低いと言えるでしょう。

家庭用よりも効果が高い痩身マシン

痩身エステで使用されているEMSやキャビステーションといった痩身マシンのメリットは痩せたい場所にダイレクトにアプローチできるということ。

食事制限では痩せにくい太ももやお尻、お腹や背中など部分痩せも不可能ではありません。

EMSはもともとアスリートのリハビリや運動量が低下しがちな高齢者の方のために開発されたマシンで電気の力で直接筋肉を動かすという作用があります。

運動が苦手な方や忙しくてジムに通う時間が取れない、筋力不足が気になる…という方はEMSのあるサロンを探してみるといいでしょう。

EMSは家庭用のものも販売されていますが、業務用のEMSマシンとはパワーが異なります。

さらにサロンでは体を温めたり、エステティシャンのマッサージもプラスされるためより違いを実感しやすくなるはず。

痩身エステの魅力はこうしたマシンとエステティシャンの技術・知識による相乗効果にあるのです。

カテゴリ:冷え症改善

このページのトップへ