妊娠中の冷えを取って産後太りを回避しよう

妊娠中の冷えは産後太りにつながる!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

妊娠中に迎える夏、憂鬱ですよね。

妊婦さんの体温は37℃以上になることもあり、ただでさえ暑いのに、夏の暑さを乗り切らなくてはならないのですから、本当に大変なのではないかと思います。

では、妊娠中に迎えた夏に苦しさを乗り切る方法には、どのようなものがあるのでしょうか?

エアコンはなるべく使用しない!?

妊娠中には、季節を問わずとても汗をかきやすくなります。これは、赤ちゃんの成長とともにお母さんの身体の新陳代謝が活発になることによって起こります。

これが冬場であればまだいいのですが、夏場にこのような状態が身体に起こると、ついついエアコンの温度を下げてしまいたくなりますよね。

ですが、ここで身体を冷やし過ぎてはダメ。

というのは、エアコンで身体を冷やし過ぎてしまうと、血液の循環が悪くなるため、むくみの状態が起こりやすくなります。そしてさらに、お腹が張るなどの症状が現れやすくなりますので、できればエアコンを使用せず、扇風機などの緩やかな風に当たり、身体を冷やさないことがベスト。

それが難しいのであれば、1時間に1回は窓を空けて、外気を室内に取り入れましょう。

また、扇風機で絶えることができる方は、長時間風に当たらないよう、注意して下さい。

扇風機の風は思いのほか体温を奪いますので、身体が冷え過ぎて風邪をひいてしまうことがあります。

妊娠中の風邪は別の病気を引き起こす原因となることがありますので、扇風機を使用する場合であっても、身体の冷え過ぎには十分注意しましょう。

また、妊娠中の血行不良によるむくみはセルライトができる原因にもなりますので、産後ダイエットで苦しまないためにも、身体をなるべく冷やさない工夫を行っておきましょうね。

食生活に工夫を加えてみましょう

食事に酢を取り入れる方法、あるいは柑橘類の積極的な摂取がオススメです。

酢や柑橘類が持つ酸は、食欲増進につながり、妊娠中の夏バテ防止予防に役立ちます。

また、いくら暑くても冷たい食べ物の過剰摂取は厳禁です。

冷たい食べ物の大量摂取は子宮の収縮を誘発するばかりか、代謝機能を妨げて肥満が起こる原因になることがあります。

あまりにも神経質になる必要はありませんが、丈夫な赤ちゃんを産んで産後太りで苦しまないためにも、妊娠中の夏には、なるべく身体を冷やさないことが大切ですよ。


【おすすめ記事】
冷え性によるむくみと解消法

カテゴリ:冷え症改善

このページのトップへ